頻尿・夜間頻尿(反応点治療研究会症例集)

頻尿、夜間の頻尿、尿漏れ、残尿や遺尿など、おしっこのトラブル:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頻尿や尿漏れなどをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こどもの夜尿症


症例 9歳 男子

初回
ほぼ毎日、夜尿がある。夜はぐっすり寝ており、夜尿があっても朝まで起きない。昼間の失禁はないが頻尿である。慢性鼻炎の既往がある。
反応点は膀胱から鼡径部にかけて顕著に認められる。これら下腹部反応点の回復を目的にローラー治療をおこなった。

一ヶ月目
下腹部反応点は少し良化した程度で、いぜん顕著に認められ、ローラー治療に時間がかかる。夜尿の回数は変化せず、ほぼ毎日夜尿がある。

三ヶ月目
反応点は縮小、改善されてきたがまだ十分とは言えない。しかし夜尿回数は月に約20日となり、前進しているのが感じられる。

四、五ヶ月目
治療も四ヶ月目に入ったある日、下腹部に触れると反応点に回復の手ごたえを感じられた。また同時に他臓器の反応点も一段上がったように良化していた。
この日を境に反応点を回復させる時間も格段に早くなり、日を追うごとに反応点は改善されていった。夜尿回数は月に約7日と減った。現在も完治を目指して治療を継続している。

治療のポイントと反応点の状況
反応点は全身のあらゆる部分に現われていたが、膀胱を中心に下腹部反応点の回復を徹底しておこなった。

考察
今回は膀胱反応点を中心に治療したことから、おそらく膀胱内膜の炎症などが夜尿に関わったものと思われる。皮膚が赤くなると感覚過敏になるが、膀胱粘膜においても炎症などによって尿量を感知するセンサーが敏感になると考えられる。その結果小さな刺激であっても不用意な膀胱収縮が起こりやすく、夜尿に至ったと思われた。
排尿に関するトラブルは頻尿、失禁であり、小児疾患の夜尿症もこれら疾患と同様の考え方で良いのではないかと思われた症例であった。
小児疾患というイメージに捉われず、正しい身体のしくみに従う治療が良い結果を導いてくれると感じた。

反応点治療研究会
会員 矢野貴之

| 反応点治療研究会個人会員 | 14:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT