頻尿・夜間頻尿(反応点治療研究会症例集)

頻尿、夜間の頻尿、尿漏れ、残尿や遺尿など、おしっこのトラブル:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頻尿や尿漏れなどをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰痛の裏にあるものは?

症例 60代、女性

【初回】  
腰痛が主訴で来院した患者さんは膀胱の反応が顕著である。膀胱など下腹部の不調が腰痛の原因となる場合が多いことを告げると、夜間3~4回トイレに行くため、よく眠れないとの訴えがあった。
初回ではあるが膀胱の反応がなかなか改善しないので、自宅でのセルフケアを提案し、週2回通ってもらうことにした。
       
【3回目】
2回目の治療後、夜間トイレの回数は2回に減った。腰痛は落ち着いている様子だ。
表情は明るい。週2回の治療とセルフケアの継続を再確認した。

【最終】
約1ヶ月経過。夜間のトイレは1~2回。よく眠れるようになったと喜んでいる。
治療していくと、膀胱反応点の改善時間がずいぶん早くなった。治療をすると体調も良いので、今後も予防の意味も込めて定期的に治療をお願いしますとの言葉があった。
セルフケアは欠かさないように改めて提案した。

【治療のポイントと反応点の状況】
膀胱の反応点を徹底的に治療した。反応点の範囲は広く、なかなか改善しなかった。
腰痛に関しては、膀胱からの反射により緊張したお尻の筋肉を中心に施術した。

【治療の経過と感想】
膀胱反応点の改善とトイレの回数減少が同時にみられた。お灸による施術と熱心なセルフケアが役立ったと思われる。同時に腰の痛みもなく、状態は安定したことから、膀胱など下腹部の不調が、腰や足の症状を引き起こす原因であると考えられる。

反応点治療研究会   海老池直嗣

| 反応点治療研究会個人会員 | 12:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT