頻尿・夜間頻尿(反応点治療研究会症例集)

頻尿、夜間の頻尿、尿漏れ、残尿や遺尿など、おしっこのトラブル:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頻尿や尿漏れなどをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1時間に1回トイレに行きたくなる

症例50代 男性 

初回 
「トイレが近くて今日は1時間に1回の間隔で行ってます。」、とつらそうに訴えられた。泌尿器科や神経内科を受診したが特に悪いところはなく、原因不明だったようだ。では何でこんなにトイレが近いのかと悩んだ末来院された。膀胱の過敏性についてお話しをし、治療を行った。また自宅でのお手入れ方法をお伝えした。

5回目
昨日は5時間トイレに行かなくて済んだようだ。残尿感等の自覚症状もかなり改善しているようだ。

7回目
症状の改善を実感し、非常に喜んでおられる。治療前に反応点を確認すると反応点もしっかりと改善してきている。

最終
遠くから通院されていたこともあり、とりあえず9回で治療を終えた。その後連絡はないが、自宅でセルフケアを継続しておられるのだろうと推測している。

治療のポイントと反応点の状況
膀胱、生殖器など下腹部の反応点を重点的に治療した。治療に来られるたびに反応の改善があった。

治療の経過と感じたこと(感想)
慌ててトイレに行ってもあまり溜まっていないことが多かったと話しておられた。尿があまり溜まっていないのに尿意を覚えたことは、膀胱の軽い炎症などが、膀胱過敏の状態を招いたと考えられる。泌尿器の反応点の改善に伴って症状が改善していった。
反応点治療研究会 三田市  岸本鍼灸治療院  岸本直樹
スポンサーサイト

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |